レンタルラボについて

レンタルラボA

地殻工学防災研究所(代表:渡嘉敷 直彦)

沖縄県の地殻の強度調査と弱点部の強化に関する研究を行っています。
最近では、大雨による地滑りの現地調査、治滑り機構の解明と対策技術の開発等を行っており、それとともに将来、地震が発生した際に地滑りを未然に防ぐ技術や被災を軽減するための地殻改良技術の検討を推進しています。

レンタルラボB

特定非営利活動法人 グリーンアース(代表:鈴木 幸一)

「3D-CAD及びドローンを活用した地域防災研究」として、ドローン空撮による写真から画像解析によって作成した3Dモデルや2D平面図・断面図等を、城(グスク)の石積み変動調査や橋梁の老朽化対策等に活用出来る技術開発を実施していきます。

レンタルラボC

一般社団法人 全国自治会活動支援ネット沖縄支部(代表:米盛 徳市)

全国特に沖縄県の自治体と協力して防災に関する活動支援を行っています。
特に、災害時に電源が落ちずに被災地域での通信連絡網を維持するためのホワイト・スペースを用いた通信手段、自治体との共同による高齢者や弱者への減祭教育、見回りシステムの構築の取り組みを行っています。

レンタルラボD

株式会社 リアライズ(代表:駒津 慎)

「古紙+微粒子」をキーワードにした「チムグクル」という複数の企業で構成されています。
古紙を地盤改良材として利用することで地盤の安定性や機能性を高めることに挑んでおり、古紙を利用した地盤防災に資する研究を行っています。