レンタルラボについて

レンタルラボA

地殻工学防災研究所(代表:渡嘉敷 直彦)Geo-Crustal Engineering & Disaster Prevention Research Association

琉球諸島に特有な種々の地盤工学問題(琉球石灰岩層における自然空洞の安定性・基礎支持層の可能性急崖斜面の安定性、島尻層群斜面の静的・動的安定性と斜面崩壊後の挙動予測、埋め立て地盤の液状化判定、およびサンゴ礫混じり層の力学特性と支持力)に関わる解析、実験およびモニタリングについて、産学官連携による共同研究を通して実務的な問題解決にあたっています。

琉球諸島に発生する地震による地盤防災・減災の観点から、地震発生のメカニズムの解明、地震予知に向けたGPS地殻変動観測による地殻内ひずみ・応力の推定、琉球諸島の地盤振動特性の把握岩盤構造物・石造構造物の地震時振動特性の把握、構造物耐震設計基準の見直し、などの研究を進めています。

また自然・石造文化財の保存、維持・管理を目的とした、解析、模型実験、計測モニタリングの面から健全性・安定性を評価する手法(DFEM静的・動的解析,自然岩盤構造物・石積み構造物模型実験、多重パラメータ動態観測、石造構造物の劣化度評価)の開発を行っています。

地殻工学防災研究会

大学
琉球大学名誉教授 藍檀 オメル
琉球大学教授 伊東 孝
地殻工学防災研究所所長 渡嘉敷 直彦
建設コンサルト
ワールド設計、海邦技研 小林 文男
朝日建設コンサルタント 首里 勇治
中電技術コンサルタント 岩田 直樹
岩下建技 長堂 嘉光
共和建設コンサルタント 末吉 哲
大東エンジニアリング 知念 良尚
沖縄設計センター 川満 一史

レンタルラボB

特定非営利活動法人 グリーンアース(代表:鈴木 幸一)Research on Regional Disaster Pevention by Drone and 3D-CAD

「3D-CAD及びドローンを活用した地域防災研究」として、ドローン空撮による写真から画像解析によって作成した3Dモデルや2D平面図・断面図等を、城(グスク)の石積み変動調査や橋梁の老朽化対策等に活用出来る技術開発を実施していきます。

レンタルラボC

一般社団法人 全国自治会活動支援ネット沖縄支部(代表:米盛 徳市)Research on Support Activities for Disaster Prevention

全国特に沖縄県の自治体と協力して防災に関する活動支援を行っています。
特に、災害時に電源が落ちずに被災地域での通信連絡網を維持するためのホワイト・スペースを用いた通信手段、自治体との共同による高齢者や弱者への減祭教育、見回りシステムの構築の取り組みを行っています。

レンタルラボD

株式会社 リアライズ(代表:駒津 慎)Soil Improvement Research

「古紙+微生物」をキーワードとし、軟弱地盤の安定性や機能性を高める次世代の地盤改良技術の研究開発に取り組んでいます。
本研究は沖縄県内の複数の企業を含めた研究グループ:チムグクルを中心に進められており、地盤防災の新しい形を提案しています。