センターについてAbout Center

センター概要Center Contents

沖縄の島々を対象とした「総合的な防災研究機関」

当センターは、沖縄県の島嶼地域を念頭に様々な自然災害に対して、いかにしてそれらの災害による被害を減らし(減災)、さらには社会的インフラや人々の安心安全をどう守っていくかといった「統合的な防災研究や活動」を推進することを使命としています。

組織図・歴代センター長Organization Chart and Successive Directors

組織図Organization Chart

琉球大学 島嶼防災研究センター 組織図

歴代センター長Successive Directors

  • 2020年4月 ~ 現在 カストロ ホワンホセ 教授
  • 2017年4月 ~ 2020年3月 藍檀 オメル 教授
  • 2015年4月 ~ 2017年3月 真壁 朝敏 教授
  • 2013年4月 ~ 2015年3月 波平 宜敬 教授
  • 2011年4月 ~ 2013年3月 伊良波 繁雄 教授
  • 2008年4月 ~ 2011年3月 仲座 栄三 教授

沿革History

2008年4月1日設立

2008年4月1日 琉球大学 島嶼防災研究センター設立

センター長 挨拶From the Director

琉球大学 島嶼防災研究センター センター長 カストロ ホワンホセ

琉球大学 島嶼防災研究センター
センター長 カストロ ホワンホセ

私は、令和2年度4月より、当センター長に就任いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

当センターは、沖縄県の島嶼地域を念頭に様々な自然災害に対して、いかにしてそれらの災害による被害を減らし(減災)、さらには社会的インフラや人々の安心安全をどう守っていくかといった「統合的な防災研究や活動」を推進することを使命としています。
研究の対象となる自然災害とは、主に地震、津波、台風、斜面崩壊(地すべり)、洪水等で、医学、教育学、工学、農学、理学等の各分野から私たちの社会全体の防災について、multidisciplinary(学際的な)視点からアプローチし解決していくことを大きな目標としています。
特に近頃では、これまでの考え方に加えて、各災害だけでなく、例えば自然災害と感染症への同時対応の様に、複合的な災害対応についての考察が、今後当センターの研究活動にも影響を与えていくことになるでしょう。

以上のような考えのもと、今年度からは以下3つの事柄に重点を置き活動していきたいと考えています。

まず初めに、「地域住民への貢献」です。
当センターではレンタルラボとして一般のNPO法人等にオフィススペースを有料で貸し出しています。現在複数のテナントが利用しています。当センターと共同研究を行っている団体やまた、例えばあるNPO法人では、沖縄県内で防災士の資格を取得できるように準備中です。
当センターは、防災士育成にも協力体制を置き、資格取得後には各防災士が地域において防災活動を行う、という様な波及効果が期待されます。
また、近隣の小中高等学校の生徒たちを招き、当センターにおいて正しい防災知識を身に付けてもらうこともできると思います。

次に「行政機関との連携」を模索していきたいと考えています。
近年では、沖縄県内で大きな地震による被害は報告されていませんが、過去には大きな地震による津波被害の記録もあり、それらに備えることが重要です。そこで災害時に当センターとしてどのような貢献ができるのか、予め行政機関と連携体制を作っていくことが必要だと考えています。
当センターの併任教員が各分野の専門家としてスムーズに協力できれば、当センター設立の主旨にも合うものと思います。

第3には「国内外の防災研究ネットワーク強化」を挙げたいと思います。
併任教員の防災に関わるセミナー、勉強会または学会の参加を促進し、県外の研究者との情報交換や交流を深めその研究成果を当センターにフィードバックし、拡散していくことをさらに進めて参ります。一方で、県外海外からの研究者等を招きセミナーを開催するなど相互方向での交流を深めることも積極的に目指していきたいと考えています。

最後に付け加えて、今後当センターをさらに発展させていくにあたり、皆様の協力は不可欠であると思っています。様々な建設的なご意見ご助言は大いに歓迎いたしますので、お寄せ下さることをどうぞよろしくお願い申し上げます。

業務内容Business Contents

  1. 研究プロジェクトの企画・立案及び実施に関すること。
  2. 防災関係の資料の収集・整理・データベース化に関すること。
  3. 防災・減災に関する産官学連携の推進に関すること。
  4. 国内の研究機関との人材交流及び情報ネットワーク化の推進に関すること。
  5. アジア太平洋諸国の防災研究の人材育成に関すること。
  6. 島嶼防災に関する啓発教育を広く行うこと。
  7. その他センターの目的を達成するために必要な業務。

研究紹介Research Content

  • 工学系・沿岸防災分野
    ・耐震補強分野
    ・数値防災分野
  • 理学系・海底地震分野
    ・海洋防災分野
  • 農学系・森林防災分野
    ・地盤防災分野
  • 医学系・減災と医療分野
    ・感染症分野
  • 文化系・観光と防災分野
    ・地域と防災分野

産学官連携窓口Collaboration liaison

  • ●防災・減災に対する技術的なアドバイスが欲しい
  • ●地域で防災シンポジウムを行いたいので講演を依頼したい
  • ●先端的な技術開発を共同で行いたい
  • ●大学の観測・実験装置を利用したい

上記のような、技術相談・講演依頼・共同研究の申し込み等ございましたら、当センターまでご連絡ください。

アクセス・お問い合わせAccess and Contact

アクセスAccess

お問い合わせContact

琉球大学 島嶼防災研究センターへのお問い合わせは、下記フォームまたはお電話にて受け付けております。
琉球大学 島嶼防災研究センター
Disaster Prevention Research Center for Island Regions. University of the Ryukyus.
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地(琉球大学地域創生総合研究棟内)
TEL:098-895-8829

お問い合わせフォーム